下取りを値引きに使うな!

新しい車を購入する時に今乗っている車を下取りに出すことになると思いますが、その際に気をつけてもらいたいのがその下取り額を新車購入の値引きに利用させないという事です。ディーラーの営業マンが値引きを迫られた時に必ず使う手がこ […]

新しい車を購入する時に今乗っている車を下取りに出すことになると思いますが、その際に気をつけてもらいたいのがその下取り額を新車購入の値引きに利用させないという事です。ディーラーの営業マンが値引きを迫られた時に必ず使う手がこの下取り額、現金値引きができない、オプションなどで実質値引きができないとなると必ずといっていいほど「では、下取り金額を5万円上乗せします」というセリフです。
下取り金額というのはディーラーでは車の状態などは関係なく車種と年式とボディカラーでほとんど決まってしまうといういい加減なもので、最初に提示された下取り額もかなり余裕のある金額であることが多いのです。値引きをしたくないディーラーはその余裕のある下取り金額をあたかも無理して高くしました的な感じで言ってくるので、普通の人はそこで妥協してしまうのです。
そこでこちらがとる手段は、値引きは値引き、下取り金額は下取り金額という考え方を貫き通すことです。そこで一言「下取りしないで買取店で買ってもらうかもしれないから、下取りは別で考えてください。」
これならば最後に逃げ道である下取り金額の割増で、値引きを拒むことができなくなるわけです。あまりしつこくすると逆効果ですが、下取りと値引きは別に次元で考えてもらうように営業マンに伝えることはかなり有効かと思われます。

ボルボ 買取