車両保険の必要性

自動車の任意保険の中に、車両保険というものがあります。事故を起こした時に故障した自分の車の修理費などを保証してくれる保険です。ほとんどの保険会社がこの保険を提供しています。 ですが必ず入っておいたほうがいいというわけでは […]

自動車の任意保険の中に、車両保険というものがあります。事故を起こした時に故障した自分の車の修理費などを保証してくれる保険です。ほとんどの保険会社がこの保険を提供しています。
ですが必ず入っておいたほうがいいというわけではありません。
例えば中古で10万円程度の格安で買った車で事故を起こしたとします。どれだけの故障でも、払いきれないほどの修理費になることはありません。保険によっては「15万円は自己負担」などの制約がついていることもあるので、あまり得をしません。ただし数百万円の車で事故を起こしたとしたら、修理費も高額になるので、事故を起こしそうな人は加入しておいたほうがいいです。
軽い事故だとしても、車両保険を適応すると保険の等級が下がります。等級が下がれば保険料が上がり、もとの保険料にも戻るまで3年前後かかります。数万円程度の修理費と比べると、車両保険をかけないほうが負担が少なくなることもあります。車両保険は強制保険と違って加入しなくてもいい保険です。契約の更新の時などに外すこともできます。
自分の車にかかりそうな修理費や保険料の負担などを考えると、車両保険に入らないほうがいい場合もあるので、保険選びの時にはよく考えてみてください。