車検がないことによる弊害

アメリカから日本に入ってくる車というものは何も新車だけでははありません。 特に最近は昔のアメリカ車に乗る方が多くなっており、中古車もアメリカからたくさん輸入されています。 アメリカから輸入されてくる中古車で気をつけなけれ […]

アメリカから日本に入ってくる車というものは何も新車だけでははありません。
特に最近は昔のアメリカ車に乗る方が多くなっており、中古車もアメリカからたくさん輸入されています。
アメリカから輸入されてくる中古車で気をつけなければならないのが、整備不良です。

日本では車検制度があり、ほとんどの場合、純正部品やそれと同等のアフターパーツを使ってきちんとした形で修理など行われることが多いのですが、車検制度の無いアメリカでは、自動車修理工場などで修理された車以外にも個人レベルで適当に修理した車も多く存在します。
たとえば、足回りパーツなど外から見たのではわかりにくいところなどは、フォードの車にメーカー違いのシボレーのパーツを半ば無理やりつけて修理されることもあり、遠くから見ると右と左で高さが全く違うという場合もあります。
エンジンなども置き換えられていることも多く、知識がない方が作業したのか、フレームの大事な部分をサンダーでカットしてクランクケースやミッションケースがボディに当たらないようにする場合もあるのです。
逆にいえば、そういった車がアメリカでは普通に走っているということで、それをそのまま輸入してくるのはまぎれもなく危険行為だと思います。

アメ車 買取