ヨーロッパ志向になりつつある日本車

日本の自動車というのはアメリカ車の真似を発展してきて訳ですが、現在では完全にアメリカの自動車を追い抜き、次なる目標はヨーロッパということになっています。 そういう背景があることによって日本では、「ヨーロッパ」とか「欧州」 […]

日本の自動車というのはアメリカ車の真似を発展してきて訳ですが、現在では完全にアメリカの自動車を追い抜き、次なる目標はヨーロッパということになっています。
そういう背景があることによって日本では、「ヨーロッパ」とか「欧州」という言葉が一つのステータスになっており、それを付けるだけで販売台数の大きな違いが生まれるそうです。
そういった車は中古車市場でも人気があり、中古車販売台数も多く、それによって買取店での買取金額もそれなりにいいものとなっています。
その影響を受けている車がトヨタのオーリス、オーリスはもともとカローラをヨーロッパ向けに販売するために作ったもので、それを日本市場で売る時にヨーロッパ志向の車として売り始めました。
それからホンダのシビック、国内ではシビックは既に生産終了になっているのですが、発売していたころにはヨーロッパ風の味付けをした車作りをしたことによって人気を集めていました。
スズキのスイフトもどちらかというとそういった傾向が強く、なかなかいい足回りを持っています。
こういった車は中古車市場でも需要が高くリセールバリューが高いのですが、いくらヨーロッパ志向といってもマツダのはやりすぎです。
どの車を見ても同じ顔、まさにメルセデスベンツやBMWなどがとっている方法なのですが、これでは国産車としての魅力がなくなってしまい、日本の消費者もほとんどの方が受け入れられていない状態になっているので、中古車市場でも人気はいまいち、買取金額もほどほどといった感じになっています。

プジョー査定