外車の車検は費用がかかる

外車を車検に出すと、ほとんどの場合部品の交換などの整備を勧められます。 国産車と違って、外車の整備では必要な部品を取り寄せなければならないので、タイミングのいい時にやってしまったほうが楽だからです。 でも、車検の際に整備 […]

外車を車検に出すと、ほとんどの場合部品の交換などの整備を勧められます。
国産車と違って、外車の整備では必要な部品を取り寄せなければならないので、タイミングのいい時にやってしまったほうが楽だからです。
でも、車検の際に整備も一緒にすると、車検代(10万円前後)+整備費がかかるので、それなりに費用がかかります。
車種によっては30万円近くになってしまうこともあります。
あまり費用をかけたくない時には、検査のみの車検にしてもらうこともできます。
ただ、1年も保たなそうな部品があるときは、必ず交換してもらってください。
ただ、車検の際に整備に出さなくても、古くなっている部品は近いうちに結局交換が必要になってしまいます。
車検以外の時期にディーラーに整備を頼んで代行費などが上乗せになるよりは、車検の時に一括で済ませたほうがいいように思います。
それに、車検のついでに整備をすると割引になるサービスがあるディーラーもあります。
整備不足で走っていると、予期せぬトラブルが起こることが多くなってしまいます。
多少お金がかかっても、車検の時には整備もお願いすることをおすすめします。

BMW 買取