ヨーロッパではハイブリッドシステムよりディーゼルエンジン

日本では低燃費策として主流となっているのがハイブリッドモデルに搭載されているハイブリッドシステムですが、ヨーロッパではハイブリッドシステムよりディーゼルエンジンの技術開発に力を入れています。 日本でもマツダなどがクリーン […]

日本では低燃費策として主流となっているのがハイブリッドモデルに搭載されているハイブリッドシステムですが、ヨーロッパではハイブリッドシステムよりディーゼルエンジンの技術開発に力を入れています。
日本でもマツダなどがクリーンディーゼルと称したディーゼルエンジンを盛んに取り入れ、燃費の良さをうたった販売を行っていますが、はっきり言ってディーゼルエンジンは低燃費を求めるエンジンではありません。
ディーゼルエンジンは構造上、ガソリンエンジンでいうところの直噴型の燃料供給を行っており、必要最低限の燃料噴射量で賄うことができることから、基本的にガソリンエンジンよりは燃費がよくなります。
更にディーゼルエンジンは高出力を求めるようなエンジンではないため、燃料噴射量自体も少ないため、それも燃費性能にメリットをもたらします。
しかし、これがハイブリッドシステムやダウンサイジングターボほどの効果を得られるということにはつながっていないのです。
マツダではあたかもクリーンディーゼルだから燃費がいいと言ったうたい文句で販売促進を行っていますが、正しく言えば燃料代をケチることができるといったことになります。
要するに石油を節約するためではなく、ユーザーのお財布の負担を減らすためのものがディーゼルエンジンなのです。
ヨーロッパでも低燃費ということではなく、税金が安くなるというメリットをメインとして、更に燃料代を節約することができるといった形で普及しています。
この点を勘違いする人がかなり多く、ディーゼルエンジン=低燃費という概念を持ってしまうのです。